サイト内検索 検索

ユーザーフォーラム会員ログイン

京都工芸繊維大学

プロフィール

京都工芸繊維大学

所属:
生体分子工学部門
 
役職:
教授
 
代表者または代表研究者:
村上 章
 
関連ホームページURL:
http://www.cis.kit.ac.jp/~antisen/seijo.html

本研究で分担する課題と具体的な取り組み、保有技術について紹介

【分担する課題】
・臨床現場での使用に向けたmiRNAの検査システムの開発

【具体的な取り組み】
・血液中のmiRNAを簡便かつ迅速に測定・分析する検査システムの構築
*血液中に微量しか含まれず検出が困難なmiRNAを簡単に検出するため、血清から高い確率でmiRNAを回収し、高度に濃縮した上で検出する技術の開発
*検査システムの全自動化に向けた装置の開発

【保有技術】
・生体試料内RNAの蛍光観察技術。
ピレンが導入された核酸プローブを用いることにより、前処理を殆ど行うことなしに、細胞中のmRNAを視覚化することが可能。
・標的核酸捕捉技術
特定の波長のUV光を照射することにより、標的の核酸を配列選択的に捕捉することが可能。

本研究で使用する設備等の紹介

京都工芸繊維大学

関連論文・関連発表、受賞履歴等

関連論文
A. Mahara, R. Iwase, T. Sakamoto, K. Yamana, T. Yamaoka and A. Murakami, Angew. Chem., Int. Ed., 2002, 41, 3648-3650.
R. Waki, A. Yamayoshi, A. Kobori, A. Murakami. Chem. commun. 2011, 47, 4204-4206.
Y. Matsuyama, A. Yamayoshi, A. Kobori, A. Murakami. Bioorg. Med. Chem. 2014, 22, 1003-1007.

ページトップへ