サイト内検索 検索

ユーザーフォーラム会員ログイン

群馬大学(共同研究)

プロフィール

群馬大学

所属:
生体情報ゲノムリソースセンター
 
役職:
教授
 
代表者または代表研究者:
畑田 出穂
 
関連ホームページURL:
http://epigenome.dept.showa.gunma-u.ac.jp/~hatada/

本研究で分担する課題と具体的な取り組み、保有技術について紹介

私たちは遺伝子のスイッチの、研究をおこなっています。遺伝子はすべてが働いているわけではなく、スイッチがオフになっているものは働いていません。遺伝子のスイッチは具体的にはDNAメチル化と呼ばれるものです。さてマイクロRNAも遺伝子の1つですので同じようにスイッチがあります。マイクロRNAの中にはがんと関係しているものがあるので、それらのスイッチがオンになっているかオフになっているかを知ることは重要です。しかしながらマイクロRNAはたくさんあるので、ひとつひとつをみていくのはむずかしいわけです。またどのマイクロRNAが、がんと関係しているかもわかっていない場合もあります。そこで私たちは遺伝子のスイッチをまとめて一度に観察する技術を開発しました。まとめて解析することにより、新たにがんと関係するマイクロRNAをみつけだしていくことも可能になります。

関連論文・関連発表、受賞履歴等

ページトップへ